• 的確な「段取り」と 誰も「困らない」「困らせない」現場造りを!

Michiko Style Yoga~首、肩回りを軽く~

お天気が良くてお外に出て思いっきり笑いたいですが今は耐えるとき。
そんな中、道子先生がYouTubeにどんどん動画をUPして下さっています^^!!

心からの不安が首・肩を凝り固めてしまい、呼吸が浅くなる…
悪循環なスパイラルから抜け出すために、首と肩から心地よく解放していける時間♪

第二弾はマスタートレーナーのhitomiが動画のポイントを押さえてご紹介させて頂きます!
ブログの最後には皆さんにお伝えしたいことを綴っているので一読下さい。

 

まず!ブロックが登場!
動画を見て動いた方は感じられたかと思いますが…^^
なんで必要なの???!
ブロックがなくてもOK!なのです。が!

・高さがある方が床と腕の距離が遠くなり肩にアプローチしやすくなる。
・手が床に当たると手が床に当たってしまう方は詰まってしまう為、
筋膜・筋肉に作用が起こしにくくなる。
・骨盤が起こしやすくなり、坐骨が感じやすく、土台が安定する。

ブロックがない方は、タオルやブランケット、座布団等、高さを作ってあげれる物を使用した方が動きやすく、今回の動画の効果が更に得られると思います^^

 

さて動画のポイントに入っていきましょう!

 

 

 

 

動画の前半では真っ直ぐ綺麗な姿勢ではなく、
骨盤を寝かせて、背中・お腹をダラ~んと垂らした状態が大きなポイント!

通常のヨガではないであろうこんな姿勢。
大きなため息をついて♪
首の力を抜き、頭を垂らして。。。
道子先生のヨガではこのような姿勢がたくさん出てきます。

呼吸で背骨を垂らし、いらない力を抜く事で何とも言えない心地よさが迎え入れてくれます^^*

 

動画の中盤では第一弾の動画でも出てきた作用反作用の法則を利用した動き!
道子先生ならではの・・・
筋膜を緩めるために頭の重さや、呼吸、重力との関係をうまく利用した動きがどんどん出てきます!
アームラインから頸部の筋膜・筋肉は連鎖しているので、頭を倒すことは大きなポイントなんです✩そして、呼吸にたっぷりと仕事をしてもらいます。

 

 

 

 

後半では頸部後面(椎体と椎体の間)から背中のバックラインの筋膜を呼吸と共に緩めスペースを与えます。

 

 

 

 

きましたー!!この動きは私も大のお気に入り♡

普段は医療職の私。人を抱っこしたり、常に緊張感のある中での仕事。
肩が自然と上がってしまい、肩周り背中が緊張状態××
育児や家事、一つのポーズをキープした姿勢が長い方、肩や心に不安等を抱えて凝り固まってる方にはすっごく気持ち良い!

呼吸と共に体に起こすアクションで肩甲骨周囲、背面の反応を感じてみて(*^^*)

 

終盤はアームラインへのアプローチが続きます。この細かな指の操作や膝の下に手をくぐらせて動く手法は体の構造(機能解剖学・機能運動学)をよーーーーく知っておられる先生だからこそ生まれてくるものだといつも感じています。

 

 

 

 

最後の最後は足底で固定できている場所があるので動きが加えることができます!

 

 

 

 

 

動き終わった後は首・肩・背中がほっこり♡

 

 

 

 

 

正しい姿勢が大事な時もある
でも全ての場面においてそうではなく
だらしのない格好でいいんです♪
常に頑張らなくていいんです♪

頭の重さは捨ててあげて
重力に身を委ね
深いため息をつき
垂れる・揺れる

首、肩周りのあたたかさ
一息ついて安心できる時間を感じてみて^^*

 

今回は動画の一部のポイントを紹介させて頂きました。
まだまだ知ってほしいこと、伝えたいことは山のようにあります。

 

もっと深く知りたい方は、BMYの講座で
2020年12月5日に筋膜走行を活かした4時間の講座があります!
是非こちらにもご参加下さい♪
また皆さんで集い学び・自分の身体で感じていきましょう!!

筋膜走行を活かすヨガ The course for taking advantage of myofascia suporting

1日でも早く全世界の人々が笑顔で過ごせる日々が戻ってきますように。。。
ブログを読んで下さり、ありがとうございました。

追記
✵アームラインやバックラインという言葉が出てきますが
アナトミートレイン・筋膜
等の用語で検索して頂くと
腕と肩のラインの筋膜のつながりや
足底から足の後面・背中・頸部・頭部までのつながりの
画像や解説しているサイトも出てきます。
専門書もありますし。
イメージを膨らませたい方は調べて頂いても良いかと思います^^✵


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です