• 的確な「段取り」と 誰も「困らない」「困らせない」現場造りを!

~dayoga〜special ver.〜

今回は音楽とヨガのコラボレーションです。ヨガにおける音楽との未知なる力をぜひ感じて欲しいです。
Michiko style yoga 協会マスタートレーナー簗瀬利恵が解説します。

ヨガと音楽をイメージすると~
ヒーリング的な音楽だったり、
自然な音小川のせせらぎや鳥の鳴き声なんかがBGM的に流れるイメージだと思いますが、
dayogaの音楽はBGMではないんです。
音楽が重要。
音楽に合わせて呼吸して、身体を動かし、
音楽に身体が導かれ流れるように動いていけるんです。

dayogaは3パターンあります。
*シニア向け、高齢者施設向け椅子バージョン、
*会社や学校のデスク前のスペースで行えるオフィスバージョン
*yogaらしいスタンディングバージョン
今回はその3バターンの中の最もyogaらしいスタンディングバージョンです。

まずはウォーミングアップ。
dayogaだけ、dayogaから始めても大丈夫ですが、あえて座位・椅子で身体をほぐし、準備していきます。
できるだけリッラクスして力を抜くことがポイント!
椅子を使ったバージョンはオフィスやヨガマットが用意できないところでもできる内容なので重宝しそうですよ。
   

 

 

 

いよいよdayogaです!最初は呼吸です。
ここでdayogaのリズムをつかみ音楽に合わせて呼吸してみましょう。
 呼吸に合わせ左右のサイドベントから腕を下におろしながら軽くコントラクトして起き上がります。

 

 

左足を後ろに引いて、ヴィドバドラーⅡ → リバース → トリコーナアサナ → パールシュバターナアサナ

腕の動きから身体を導き、流れるように移行していきましょう。
チェンジ右足を後ろに引いて同じ流れを繰り返します。

 

きたぁ~!!!!ここからがdayogaのメインイベント‼︎
ランジウォーリア → ツイストテッドランジ → ランジハートオープン → 腕から背骨を伸ばす。

 

 

 

ここまで来ると左太ももがプルプルしてくる方も多いかもしれませんが、

頑張って〜!!
音楽に合わせながら~気持ちよく腕を上げ、

カウントいっぱい呼吸を味わいましょしょう♪
下半身を安定させ体幹を感じながらツイストするとフラフラしににくなります。
脚をチェンジ。繰り返します。

さぁ~
ここから終わりに向かっていきます。
呼吸を整えながら~
膝を曲げたまま両脚を揃えてウトュカタアサナ → コントラストリリース → ウタカアサナ → ロールアップ
両手を外から上に回しあげ頭上で合わせます。呼吸を整えながら胸の前に降ろしてきて合掌。
終わりです。お疲れ様でした。

3分という短い間に、
呼吸・前屈・側屈・ツイスト・伸ばす・縮める・整える・・・・・
たくさんの動きが入っていますが、そんなことを忘れさせてくれるような爽快感と音楽に導かれる気持ちよさが感じられるはずです。
次々と動きに身を任せていくうちに頭の中がすっきり爽快になっていくんです。

 

 

嫌なこともこの時だけは忘れさせてくれるようなdayoga。

子ども達・高齢者の方々にも大好評なのは
やっぱり心地よい音楽に合わせて身体を動かすところなんだと思います。

ぜひ色々な所で色々な方と一緒に毎日やってもらいたいヨガです。

●Dayogaについてこちらもご参考にどうぞ
dayogaマスター講座 受講しました♪(by 大藤彩)
『dayogaマスター講座』四国高松で開催しました!(by 簗瀬利恵)

dayoga マスター講座(1日で完結の講座です)
次回の講座開催は
2020年6月14日(日) 13:00-1700 @BMYスタジオ横浜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です