• 的確な「段取り」と 誰も「困らない」「困らせない」現場造りを!

Michiko Style Yoga~Over50の為のyoga~

こんなコンテンツを待っていた方も多いのではないでしょうか?
私もその1人。
over50なりたてのマスタートレーナー簗瀬利恵が少し説明したいと思います。
なによりも道子先生の身体・動きを
目の当たりにするとたくさんの可能性が感じられ、
先生のように年令を重ねることができたら~と憧れます。
今回は先生が、ご自分の身体で感じたことや、レッスンで様々な方々を見てきて感じたことなどが
盛りだくさんに含まれているように思います。

 最初からヨガにある『普通』を覆しています。
これもmichiko style yoga の特徴です!
胡坐ではなくおしりの下にブロックまたは座布団などを敷いて、over50の方の不調としてあげられがちな、膝・股関節に負担を軽減した状態から始めていきます。
誰もが正座から始めるのではなく自分の身体にあった態勢です。
 自分が心地よく思える態勢に持っていく配慮がとっても大切ということです。
over50じゃなくても、胡坐がかけない方、膝が痛い方、長時間の胡坐がつらい方にも有効です。
この最初の姿勢を変えるだけでも、心地よく落ち着いてヨガできる方も多いと思います。

  胡坐だけではなく背骨・肩・首・股関節・・・・動きにくさを感じている方もいらっしゃいますよね?
今回のヨガはアーサナーにこだわるのではなく、ご自分自身の動く範囲や心地良い感覚を大事にしてもらいたいと思います。
カキン・コキンとどこが鳴っているのか?
 左右どちらが動きにくいのか?呼吸によって変化しているところは?
ご自分の身体と対話して駆け引きをしてみてベストなところを探してみてください。

 

 他の方と同じ動きアーサナーをするのではなく、ご自分の身体を感じ知り、できる範囲で動かすことが、動きにくいところが変わってくる鍵になるはずです。
何回も出てくる言葉の中で背骨と背骨のスペースを作る。
こちらは背骨メンテナンスヨガでしっかり学びますが、身長が縮んだと感じる方、もしくは同級生が縮んだ?~そんな事を考えている方、
 身長は縮むのが当たり前と考えず、スペースを意識して伸ばす・縮める・ねじる等でかなり変り、どんどん縮まる状態を緩和してくれることも多いのです。
まさに骨、関節、身体のアンチエイジングです。

 

今回のヨガはこの14分間だけでも充分身体も心もすっきりすると思いますが、ウォーミングアップにすることで、アーサナーがやりやすくなったり、怪我や故障しにくくする配慮が盛り込まれています。
これがまさにmichiko style yoga で学ぶこと。
アーサナーを無理なく、そしていつもより心地良くできるための事前に配慮した動きになります。

over50の方だけではなく、たくさんの方々の様々な場面で活用してもらいたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です