• 的確な「段取り」と 誰も「困らない」「困らせない」現場造りを!

Michiko Style Yoga ~デスク前で楽になる10分yoga・肩回り編~



デスクワークの方は、どうしても姿勢が崩れがちです…
今回このワークをご紹介する私、大藤彩 もPC作業の時は集中すればするほど
腰が後ろに倒れ、猫背になり、頭は前に傾いている…そんな状態になることがよくあります。
ちょっと一息つこうかな…  首・肩がしんどくなってきたな…  と思った時、
「うーん」と伸びをしたくなりませんか?
そんなちょっと一息のタイミングにぴったりの内容です!

まずは常に頭の重み&腕の重みを支えている肩や首をその重みから解放
頭と腕の重みをデスクにあずけて
吐く息(ため息のように)と一緒に背骨の重みを床の方に落としていきます
デスクとの距離はご自分が楽に呼吸でき、上半身の緊張を緩めやすいところで
仕事での緊張や頭&腕の重みから解放されて胸が自然と緩んで開いていきます
吐く息のたびに
背中も肩・首も緊張がほどけていく感覚を味わえると思います

 

スマホやPCの操作によって頭が前に傾いてしまっていると、首の後ろがバキバキに…
正しい位置で頭を支えていないことによって首への負担はかなり大きくなります
「うーん」と伸びをする時には少し上を見上げると思います

その動作と同じです。それを頭や腕の重みを解放した状態で行うとより効果的です
あごを手首に乗せて頭の重みを預けたら、前に傾いていた状態と逆の状態になります
前に傾くことで閉まっていたのど周りも緩んで呼吸がより楽になります
このポーズも呼吸、特に吐く息が大切です
「はぁー」とため息をつきながら首・肩・のど周りを緩めていきましょう

 

上半身を起こしてからは
手首・腕へのアプローチです
普段何気なくやる動作にも見えますが…
頭の重みを使い「筋膜」へのアプローチをして、肩回りを緩めていきます

そして
頬杖をつきながら上半身の重みを床の方に垂らすように
筋膜にアプローチしつつ腕や肩に重みを支えるという仕事をさせない状態にすることで肩回りの緊張がほどけます

 

 

 

なんと、あら不思議!
肩甲骨が勝手に動いてきます
肘をデスクに乗せた側の肩甲骨が体の外側に「こんにちは」

 

肩回りの緊張がない状態で動くので、肩回りの不調を抱えている方にとってとても効果的です
腕を上げた時にはより気持ちよく呼吸できると思います

デスクに肘を置いて頭をデスク下に垂らす
デスクがあるからこそ、肩や首回りが緊張せず楽にできます

自分の首・肩と相談しながら…
吐く息と共に頭の重みを床に落としていくと
肩甲骨が背中の真ん中に寄ってきて、胸周りが緩んで気持ちよく開き、
デスクワークで丸まった上半身が気持ちよくほぐれていきます

 

さらに
手の平を座面について片手ずつに体重移動
座面に片手をついて肘を突っ張ることで持ち上がった肩に、頭の重みをあずけて呼吸
ここでも手首・腕の筋膜にアプローチしながら首・肩回りが気持ちよくほぐされていきます

 

 

腕を後ろに、椅子をつかんだ姿勢
あごを上げて胸を前に突き出し、左右の鎖骨が離れるような意識で胸を開きます
すると、肩甲骨がググっと背中の真ん中に寄ってきます
体の前面が開くのを感じながら深く呼吸しましょう

 


最後は
頭の重さを使って、首・肩回りのほぐしの仕上げです

起き上がってくると
ふわーっと首・肩が楽になっていると思います

 

今回の内容はデスクでできるyogaというより、デスクだからできるyogaとも言えます

お仕事をがんばっているご自分へのご褒美に、ぜひ!デスクでyogaを取り入れてみてください

デスクでyogaシリーズは他にもありますので要チェックです!

 

 

 

マスタートレーナー大藤彩


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です