• Yoga is for everyone! ご機嫌な心とからだ

Michiko Style Flow
~しなやかな背骨、滑る肩甲骨、回る股関節、自由な発想と独自の手法で組み立てる繊細で大胆な新しいフローヨガの形~

本格的にヨガを始めて以来、自由な発想から生み出される峯岸の組み立てるフローは、アーサナを繋げてヨガでもなく、またアーサ ナをゴールととらえるヨガでもない、ある意味、アーサナをより快適に安定させて心地よいものにしていくための根回しや、峯岸が特にこだわる身体部位(肩甲骨、股関節、坐骨、背骨)のパーツ操作に重きを置いて組み立てる形のヨガのスタイルとなっていきました。そこに含まれる峯岸独自の発想から生み出されたテクニック的なものは解剖学的な知識をベースに、独自の発想から生み出されたもので、17 年のヨガ指導の中で、受講者たちの身体変化がしっかり読み取れたものばかりです。

それら峯岸の生み出す身体操作の一つ一つには意味があり、そこから繋がるアーサナも含め練習のプロセスの中にこそ大事な教えがある、と捉えています。

導く手法には極めて繊細な(筋膜の繋がりからの反応や、脳の支配からの解放等)身体感覚を呼び覚ますものも多く取り入れているのも特徴の一つです。

また「ヨガは全ての人に」と言う考えから、座位一つでも困っている人が多くいることも踏まえて、そのような問題点の解決策も、必要な部分で随所に組み込んでいます。

主な特徴としては..

  • オリジナリティのある身体操作は如何なる人の心身変革を可能にする。
  • 身体操作は全てが物語を繋ぐようにつながって、知らないうちに心身を楽にしていく。
  • 動作の移行には無駄がなく、全てがスムースにつながる点で、とてもスタイリッシュである。
  • 重力を活かす。
  • 脳を鎮め、無の中から新たな自分を生み出していける。
  • 様々に施される主な関節やパーツ操作は峯岸の生み出す独自のスタイルの宝庫となっている。
  • 極めて繊細な操作から大きな気づきを生み出していく。

等など。

これら極めてオリジナリティの高い身体操作を含めたヨガのスタイルは、多くの指導者たちの共感を得ています。 そこで、今後にまた広く国内外でも役立てて貰いたい、引きついで行ってもらいたい、という想いから、「Michiko Style Flow 」と名付けました。後世に少しでも繋げていってもらえたら有難いと想っています。