• Yoga is for everyone! ご機嫌な心とからだ

ファンクショナルな~、という言葉、最近はやっています。
本来の意味は、機能的である、実用的である、ということ。
ファンクショナルトレーニング、はまたそうした機能や動きの質を高める目的のトレーニング法。

私がMICHIKO STYLE YOGAという一つのヨガの動き方の提案をしているのは、こうした人の身体に備わっている動きの機能を最大に活かしたいと考えての事です。そして所謂トレーニングとしてではなく、自然に繋がる動きを促進させる事で、人の身体のファンクションが高まる、と考えてヨガの組み立てに活かしていきます。 

人の身体は関節がうごく、だから動作が起きるのです。その関節を覆っているのは単関節筋、多関節筋。それらの筋肉を束ねているのが筋膜です。だから人の体の動きには連動がおきています。
また、肩関節と股関節には連動性が備わっています。 

肩甲骨ヨガや背骨メンテナンスを学んだ方はご存知だと思いますが、肩甲骨が背骨を導いています。
これも本来備わっている自然の動きだし、、
坐骨の操作を学んだ方は骨盤の前後傾と股関節の回り方の連動性をご存知なはずです。

こうした本来、人の身体に備わっている自然な動き、それが人の動きの機能なのです。

michiko style yoga flow では、沢山そうした部分を活かすことで、身体が硬い、とか動かし方が分からない、といった現代の方たちにも自然に動きの機能を呼び覚まし、結果、体により自由な動きを導いていきます。

今度7月にmichiko style flowの指導者用の講座を用意していますが、ここではシークエンスをマスターする事を目的としておらず、峯岸の発案する機能的な動きをどうヨガにつなげていくか?を学んでいきます。一つずつのテクニックは、随所で皆様のクラスに活かしていただける事と確信しています。

だって、ひとたびこのエッセンスを感じていただけたら、目からうろこが飛び出しまくる!! と皆さんに言われてきています✌(‘ω’✌ )から。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です