• Yoga is for everyone! ご機嫌な心とからだ

MSY協会会員のみなさま

2019年、明けましておめでとうございます!!

本年も協会として、更に貢献できる体制を整え、協会員の皆様にとって、より役立つ機能と機会を調えてまいりたいと考えております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

このサイト上にこのようなブログを開設いたしましたのも、私は勿論、協会のマスタートレーナー達も会員の皆様との距離を近くしたい、という想いが強くあり、もっと密に皆様の声を反映させて、協会運営に当たりたいと考えたのがきっかけです。
協会発足から一年を経て、まだまだ未熟な部分もございますが、私たちは決して利益追求ではなく、峯岸という個人の発想から生まれたメソッド、その基軸となっている理念や理論に深く共感し、それを多くの方に手渡して役立てていってほしい、という命題の元で活動しています。

机上で学ぶだけではどんなに知識を得ても、人の役には立たない。峯岸の生み出してきたメソッドには
「身体の本来持つ機能を見逃さないで構築された具体的な手法がある」
本来持つ機能とは、例えば肩甲骨ヨガを履修された方は「肩甲平面」というものをご存知のはずです。この方らの機能を理解していたら上腕骨を前額面で振り回す事、アジャストメントで機能低下を見落としたまま、上腕骨の位置を修正する事の危険性を理解できるはずです。
一時アーサナが深まっても、そこに故障の種をまいてしまったら元も子もありません。

こうした例は
背骨
坐骨
股関節
等にも多々ありますね。

そもそも、人は人に喜んでもらってこそ、幸せな気持ちを得ることができます。
人は本当の幸福を味わえてこそ、心底満ち足りた思いに満たされる、そこに成功とか知名度は必要とされません。
ヨガの指導は、他のボティワークとは異なる要素を加味した現場です。
峯岸のメソッドは、一見、フィジカル的な側面ばかりがフォーカスされてしまいますが、
本来のヨガとは…ということを見据えた上に構築されている、という軸はブレてはいません。

つまり
人の役に立つ
ということと
そこで得られる自らの幸福感
です。

人に、貴方の存在を喜んで貰える事こそ、消えることのない幸福感を生み出します。
成功は幸福のための単なる要素でしかなく、峯岸はそれをゴールとはしていません。

「自己を活かし、幸せに生きるために学ぶ」

こういった話は、また折々にしていきましょう。

MSY協会として、こうした峯岸の思惟をマスタートレーナーとともに、より多くの仲間たちに手渡し、そしてその方たちに幸せな感覚をたくさん得ていただけたら、こんなにうれしいことはありません。

今後は、より楽しい話題、有益な話題等で、このブログを皆さんに見ていただけますように(^-^)
皆様からのinputも大歓迎です。

ご要望や、提案などもどんどん御寄せください。

私たちは、協会員の皆様の為に存在していますので…

これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

Michiko


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です